ホスピピュアの副作用

ホスピピュアを使って肌荒れが起きた人はいないのかな?

安全性を知りたい。

美白クリームと聞くと、肌への負担が大きくて赤みや肌荒れが起こるリスクが浮かびますよね。

でもホスピピュアは肌荒れなどの副作用のリスクは限りなく低いです。

全成分が天然成分で無添加なので、刺激性がとても低いからです。

敏感肌の人でもデリケートゾーン乳首など、体のどの部位でも気にせずに安全に使用できます!

 

この記事でわかること
  • 実際に使った人の副作用の報告
  • ホスピピュアの全成分の安全性
  • 刺激に弱い顔やデリケートゾーンへの安全性
  • 注意点

 

 

\今なら39%OFF&送料無料/

 

ホスピピュアの副作用の報告

ホスピピュアにはかゆみが起こるという報告が口コミで1件だけ見つけられたので紹介します。

ものすごくかゆくなってとても使えません。
使用やめてもずっとかゆくて地獄です。(Amazon)

本当に極めて稀な報告ですが、かゆみが起こったそうです。

しかし、使用後もずっと続くというのは本当にホスピピュアの影響なのでしょうか?

ホスピピュアは刺激性が限りなく低いので、間違ったケアをしたり、偶然ホスピピュアの使用とかゆみが起きたタイミングが重なったという可能性もあります。

 

続いてホスピピュアにはどんな成分が含まれているのかを紹介し、安全性について詳しく説明します。

ホスピピュアの副作用/全成分の安全性

ホスピピュアは自然由来の天然成分のみを使用しています。

人の肌に自然成分は人の肌に合うものが多く、刺激性が低いです。

また、湘南美容外科の美容専門家がこだわって選んだ天然成分なので信頼性も高いです。

とはいえ万が一肌荒れが生じたらすぐに使用をやめて医師へ相談してくださいね。

 

全成分16種類を紹介します。

参照元:化粧品成分オンライン

天然成分名由来
トラネキサム酸アミノ酸
レモンエキスレモン
ニーム葉ニーム木の葉
シアバターシアーバターノキの種子
オリーブスクワランオリーブ果実
マツエキスセイヨウアカマツ球果
ルナホワイトメマツヨイグサの種子
プリンセスケアフウロソウ科ヒメフウロ(花)
ローズマリーローズマリー(ハーブ)
ホップエキスクワ科植物ホップ
西洋ナシ果汁エキス西洋ナシ
アーティチョーク葉エキスキク科植物アーティチョーク葉
スギナエキストクサ科植物スギナの全草
海藻エキス海藻
大豆エキス大豆

ホスピピュアは無添加

画像引用元:公式サイト

ホスピピュアは肌の刺激になる添加物を含んでいない無添加です。

 

5つの無添加
  1. バラベン(防腐剤)
  2. 香料
  3. 着色剤
  4. アルコール
  5. シリコン

 

ホスピピュアは湘南美容外科監修の元、添加物も含まないこだわりがあります。

だから肌荒れなどのトラブルが起きにくいのです。

ハイドロキノン、脱色剤は不使用

ホスピピュアの成分にはもちろん、刺激性の高いハイドロキノンや脱色剤は一切含まれていません。

美白効果の高いクリームなどによくハイドロキノンは含まれているのですが、刺激が強くかぶれや肌荒れの副作用があります。

ホスピピュアはハイドロキノンフリーなので安心して使えます!

 

続いてはホスピピュアを安全に使うために注意すべき人を紹介します。

いくら安全性が高いとはいえ、気を付けなければならないパターンも存在するので、自分に当てはまるかチェックしてくださいね。

ホスピピュアの副作用/注意すべき人

ホスピピュアは基本的に安全ですが、以下の方は注意が必要なので医師に相談してから使用しましょう。

 

ホスピピュアに注意すべき人
  • 妊娠中の女性
  • 授乳期の女性
  • アトピー肌の人

理由を詳しく説明していきますね。

 

妊娠中に注意が必要な理由

妊娠中は乳首にホスピピュアを塗ると子宮の収縮へと繋がる可能性があります。

医師に相談してから使用を判断をしましょう。

授乳期に注意が必要な理由

ホスピピュアは授乳期の場合も乳首への使用はおすすめできません。

授乳の際に乳首にクリームが残ってしまっていると赤ちゃんが飲んでしまう可能性があります。

赤ちゃんの体に悪影響を与えないよう、授乳期の使用はやめておきましょう。

アトピー肌の人に注意が必要な理由

アトピー肌の人は肌が敏感になり過ぎていることが多く、副作用というよりアトピーを悪化させてしまう可能性があります。

絶対に大丈夫とは言い切れないので、医師に相談してから使用を判断しましょう。

 

ホスピピュアの副作用/まとめ

ホスピピュアの安全性や副作用、注意点などに関する要点をまとめました。

 

要点まとめ
  • ホスピピュアは無添加で天然成分のみを使用しているため、副作用の可能性は限りなく低い。
  • 顔や乳首やデリケートゾーンでも安全に使用できる。
  • 妊娠中、授乳期、アトピー肌の人は医師に相談の元、使用を判断すること。

 

 

\今なら39%OFF&送料無料/